日本三大怪魚制覇!

『日本三大怪魚』

「イトウ、アカメ、ビワコオオナマズ」

釣りたい魚を追っかけていたらいつの間にか達成しておりました。

それぞれにストーリーがあって、今でも鮮明に思い出せる。

それほど印象的だった三種。

「簡単だったね~」

とは口が裂けても言えない。


琵琶湖本湖のビワコオオナマズ

「2015.6」

本当に苦労した一匹。

釣れるまでに二年を費やした。

日のない時間帯、延々と投げ続けてもまったく生命感がない。

最後の最後の最後に返事をしてくれたかけがえのない一匹。

【今年一番のメモリアルフィッシュ ~ビワコオオナマズ~】

高知のアカメ

「2016.7」

うだるような熱気と殺人光線と化した日差しの中、狙ったアカメ。

潮汐もあって一筋縄ではいかず、

追ってくるものの食い切らない。

「距離感が難しい」魚だった。

最初の一匹はとても小さなアカメだったけれど、

その後釣ったどれよりも印象に残っている。

小躍りする勢いで写真を撮りまくった。

この「紅」は脳裏に焼き付いて離れない。

【アカメ釣行 ~second challenge~】


北海道のイトウ

「2018.9」

三種の中で一番遠くて怖い釣行だった。

なんといっても北海道。

飛行機からのレンタカーで移動時間だけでも計り知れない。

そしてヒグマ。

こやつの生息地に踏み入れる恐怖。

どこからともなく漂ってくる獣臭。

自分の倍はあろうかという足跡。

終始怯えながら釣りをしていた。

「ヒグマの恐怖、釣れない、タイムリミット間近」

とてつもないプレッシャーを感じ絶望に近い感情を抱きながら、

キャストだけ繰り返していると最後の最後に釣れてくれた一匹。

いろんな感情が込み上げてきた一匹。

【北海道“イトウ”遠征】

おわりに

釣りは楽しいことばかりじゃない。

お金はかかるし、泥まみれになるし、危ないし、

そもそも釣れないことだって大いにある。

不満を数えれば両手でも足りない。ホントに。

それでも辞められない「なにか」。

それががこの三匹には詰まってます。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事と広告