冬の海で岸壁採集

ずいぶんとご無沙汰だった海に繰り出してみた。

メバルロッドと網を携えて。

到着早々、予想外の寒さに震えながら小さな小さなワームを投げるが、

異常なし。挙句の果てに、根掛かりからのプッツン。

釣りは行かないと下手になるよね。最近は身にしみて感じる。

「元からうまくないだろう」

遠くから声が聞こえたが無視する。


網に持ち替え岸壁採集

なにも釣れずテンションもいい感じに冷え切ったので、

諦め半分で網を持ってみる。

漁港内の壁面をゴーリゴーリすると、、、

「サザエ」

思ったよりいろいろな生き物がいることに気付かされる。

とは言っても情けないことに大半が「君の名は?」。

ご存知の方は是非とも教えていただきたい。

これに関してはもはや疑問すらでない。

そのままそっと海に帰す。

そんなことをしているとやっと見慣れた姿を発見!

「ギンポ」

ニョロニョロ系は淡水海水問わず好きな部類。

ちょっとビッグなヤドカリにも遭遇。

存外楽しい海のガサガサ。

目的の魚もいるのでもう少し暖かくなったら本格的にやってみよう。

いい加減遊んだからアユカケのいる河川にちょこっと移動してみる。

ウキゴリ?とモクズガニ。

肝心のアユカケはいなかったけれど、

初めての生き物にも出会えたので楽しかった。

また、来よう(^^♪

関連キーワード
関連する記事
おすすめの記事