【危険だけど超美味!】「ウツボ」の釣り方やら仕掛けについて書いてみる

悪者とされ、あまり良い評判を聞くことがない魚「ウツボ」。

ウツボとはウナギ目ウツボ亜目ウツボ科に分類される魚で、

食用とする地域もあるがメジャーな存在ではない。

このブログでもちょこちょこ登場している。

しかし、メインターゲットではなく外道として書いている記事しかない。

今回はそんなウツボにあえてスポットライトを当ててみたいと思う。


ウツボに出会った日

初めて出会ったのは3月のまだ冷え込みが厳しい時期。

「この時期でも簡単に釣れる魚いないかな~」

そんなことを漠然と思いながらネットで調べていたところ、

ウツボの記事が目に入り挑戦してみたのが始まりだった。

周囲の友人に「ウツボ釣りって楽しそうじゃない?!」

と目を輝かせながら話しても、

まさに「ふーん」といったリアクションだったのを覚えている。

対照的に自分は身近に潜む異形の魚に興味津々だった。

ウツボを釣ってみて思ったこと“とても簡単”

結論から書いてしまうが「ウツボ釣り」はとても簡単である。

年中釣れるし寒かろうが暑かろうが問題なく釣れてくれる。

イヤという程に

コツはいくつか存在するが難しいことは1mmもない。

だれでも挑戦可能である。

ただ、冬と夏を比べると夏の方が良いかと。釣りに関しては。

食味についてはまた後程。

時間帯もいつでも釣れる。夜間の方が釣れるが昼間でも数釣りが楽しめる。

ただ、時合いはあるかと。

夕まずめと朝まずめは驚異的に釣れてしまう。

場所は湘南から下田辺りまでは実釣して確認したがめちゃくちゃいらっしゃる。

伊豆はもうパラダイス状態。

どこにでもいらっしゃる。うっとうしい程に

仕掛けについて

タックルはバスロッドのHぐらいが一番楽しめる。

ただ1mを超えてくると強烈に引き込むのでXHは欲しいところだ。

必然的に根の多いところで釣ることになるし、

潜られることも多々あるのでできるだけ強靭なロッドがいいだろう。

ラインはPE4号にナイロンリーダー100lbを使用。

60lbでもいいけれどサイズと掛り所によっては切れることがある。

面倒でなければワイヤーでもいい。

仕掛けは単純なぶっ込み仕掛け。

根掛かりを避けたかったら捨てオモリ式にしてもよい。

オモリは底が取れれば何でも良いけれど10~15号が使いやすい。

流されるようであれば20号をチョイス。

針はバス用のオフセット等で大きく強度があれば何でもよいと思う。

最強はトリプルフック

ただ、魚を針から外す時に相当苦労することになるが...。

餌はイワシやサンマなど青魚の切り身が◎。

イカでも釣れるが青魚には劣る。

匂いに敏感なので臭いのキツイものがいいかと。

コンビニで買った焼きいかでも試したけどアカンかった。

目前で見切られてしまった。贅沢な奴だ!

ちなみにバス用のラバージグでも釣ることができる。

トレーラーが肝。通称「リアルシャッド」非売品(笑)

実釣!

そして、実釣!

仕掛けを投入し待っているとどこからともなく寄ってくる。

早ければ30秒、遅くて30分。

合わせのタイミングは諸説あると思うが、自分は軽くロッドで確認して、

「ゴッ..ゴゴッ..」とか生命感を感じられたら即合わせする。

なぜなら、ウツボ釣りにおいては針掛かりよりも、

できるだけ飲まれないようなフッキングを重視している。

すっぽ抜けても飲まれるよりは全然OKである。

引きはかなり強い。

「グングンッグググッー!」といった感じで横に走らず、

下に引きずり込むような引きをする。

ラインを出すと根に潜られるのでその場で耐え、

弱ってきたらそのまま一気に抜きあげる!

例え根に入られてしまったとしても、

力をかけつつ待っていれば出てくることが多い。

この場合は強靭なロッドが必要になってくるが。

釣り上げたら確認することがある。

それは“攻撃性の強い個体かそうでないか”である。

たいていの個体はその場でとぐろを巻いて仕掛けから逃れようとするのだけれど、

中には果敢に襲ってくる奴もいる。

このタイプは本当にこわい。飛び上がって噛みついてくるから。経験者は語る(笑)。

歯も鋭いけど顎の力がヤバい

噛まれたときは、「パクッ」とかそんな優しいものじゃなく、

「ゴリゴリッ」という鈍い音が聞こえた。

そして傷がふさがっても突き指のような鈍痛がしばらく続いたのであった。

ちなみに、毒はないがウツボの口内には雑菌が多く、

それが原因で傷が悪化することがあるそうな。要注意!

外すときは柄の長いペンチ等でフックをはさんで取る。

ボガグリップ等を使用してもいいけれど、

巻きつかれて仕掛けがダメになってしまうことがあるので、

状況によって使ったり使わなかったり。

使った方が自分の身は安全である。

釣った個体を見て思ったが体色に個体差がかなりある。


白っぽい個体や


黒っぽいもの

あとは赤みが強い個体もいたかな。詳しくはわからないけれども。

また、ウツボはウツボでも「トラウツボ」が釣れることもある。

通常のウツボに比べ口がシャープで模様も異なる。

個人的にかなりカッコいい部類だと思う。

釣り分けることは不可能に近い。

ただ、30本ウツボを釣っても混じらなかったり、3本に1本混じったりと、

場所によって割合が異なるのでトラウツボを狙う場合はポイント選びが大切だと思われる。

個人的に西に行くにつれてトラウツボの割合が増えた様な...。気がしないこともない。

いや、やっぱり気のせい。


ウツボの気になるお味はと言うと・・・


さて、「釣り」に関してはこの辺りにしておいて「食」についても少し書きたい。

ウツボは凶悪な見てくれだが、実はとても美味しい魚である。

身はしっかりとした歯ごたえと濃いウツボ味。

良い例えが思いつかなかったのでウツボ味としか表現できない!すみません!

皮はプルプルでこれはこれであり。

旬は冬。寒い時期。冬と夏で味がかなり違った

冬に釣ったものは気にならなかったものの、

夏に釣ったものは独特の臭み、クセを感じた。

ちなみにウツボは骨が多いことでも有名で、正直かなり食べにくい。

尻尾に至っては骨を食っているのか身を食っているのかわからないレベル。


(友人が作ってくれたウツボのたたき)


(煮つけ)

ただ、腹身は例外で骨がない。

腹身は刺身やたたき、煮つけにして、

それ以外はカリッカリにあげてしまう方が良いかもしれない。


(ウツボの姿揚げ。なんとも禍々しい一品。笑)

予想以上の味なので一度はお試しあれ!

ウツボについて長々と書いてみました!

納得のいかない点も多々あるかとは存じますが、個人的な見解なのでご了承ください!

これを読んでウツボLOVEな人が少しでも増えれば幸いです。おらんか。

おわり

~参考タックル~

エサ :サンマ(ぶつ切り)

おすすめの記事