続・スッポン物語 ~骨格標本にしてみた!~

前回のスッポンを釣って料理して食べた時の後日談。

可もなく不可もないが、どちらかと言えば若干マズイよりの鍋」を食べた後に出てきたスッポンズヘッド。

捨てるのももったいないので骨格標本にしてみた!

と言っても鍋で煮込んだ時にほとんど除肉はできてるんで洗って2倍に薄めたハイターに漬けただけ!

カメの骨はホント丈夫だからいい。めんどくさがり屋の自分にはもってこいである笑。

かっこいい!…のかな?




できたのはコチラ!

なんとも形容し難いけれど、思ったよりカッコいい…か?

上顎と下顎で分けてみると…


上顎


下顎

上顎の先端が黒くなっている。歯磨きをサボったのかな…(笑)。

こうやって見ると細長いね。

噛まれると肉を食いちぎられそうでコワい。


首に近い部分の骨が“マッチョマンポーズをしている男”っぽい(笑)。


流線型(?)の美麗なフォルム。

左前側が欠けてしまっているのが惜しいところ。

捌く時にボガグリップはめた部分が欠けちゃったみたい…。


正面

ドナ○ドダックを工夫して潰せばこんな感じになりそう。

それにしてもなんか怖い!

理由はわからないけれど不安になる

なりません?(笑)

意味もなくカミツキガメと比べてみた。

スッポンの方が鼻が発達しているように見える。

カミツキガメより嗅覚に頼った狩りをするのかな??

自分も骨格標本作りに関しては初心者ですが、カメ類はオススメです。

強力な薬品に漬けても問題ないし(漬ける時間が長いと溶けるかも)、パーツが少なくて組立も楽です。

達成感は少ないかもしれませんが笑。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク