-必殺の0.1秒-前編 ヒダサンショウウオ(中部地方産)登場

前回の探索で実家をベースキャンプとして中部地方のサンショウウオを探索できる、という甘い汁の味を覚えてしまった筆者。今回はちょっと違う方角へ足を延ばしてみた。

種類は何でもよかった

自分の"サンショウウオレーダー"の感度を保っておきたい。目的はこれだけである。

「●●サンショウウオを見たい!」とか、そういう欲求はない。とりあえず、レーダーの感度を保っておきたい。これまで10年近く生き物観察を趣味としてきたが、こんな意味不明な欲求は初体験である。

ポイントを絞り込む

見つけられるかどうかは貴方次第

いつも通りの方法でなんとなくポイントを絞り込む。サンショウウオ探索においては、実はこの"絞り込み"のプロセスが一番面白いかもしれない。最も重要であり、最も腕が試されるプロセスなのだ。しかしなんとニッチな趣味だろう。毎度のことながらそう思う。

最短記録更新

のんびりと運転しながらポイントに到着。そしてやってくるデジャヴ。やはりサンショウウオが生息しているポイントには共通点が多い。どこかで見た風景が目の前に広がっていた。ポイントの絞り込みが大きくはハズレていない証拠でもある。

今回も頼むぜ、相棒

装備を整え、ふらふらとポイントへ。歩きながらサンショウウオの気持ちになって考える。

「今週は気温がぐっと下がったな」

「そろそろ繁殖期に向けて準備が必要なのかな」

・・・色々なことを考える。

そしてふと目の前に居座っていた岩がどうしようもなく気になる。そして手をかけた。

まじかっ

"ポイント到着時刻→サンショウウオ発見時刻"の最短記録樹立。

どうでもいい記録更新である。ここまで来ると自信を通り越して、呆れる。なんなんだこの能力は。友人曰く「履歴書に書けない無駄スキル」だが履歴書に書いてしまってもいいんじゃないだろうか。

サンショウウオ川柳:「履歴書に、書いてみたいね、このスキル」

最大記録更新

この時点でかなり満足ではあるのだが、せっかくここまで運転してきたわけだし、もう少し探索してみることに。

1匹目の発見から数分後。これまで出会ったヒダの中では間違いなく最大の個体を発見した。

でっ でかっ!!
どことなく中華料理風味

斑紋の入り方も過去最高クラスの美しさ。ゴージャスすぎる。

名付けてヒダ・ゴールデンである。 特筆すべきはその大きさで、中サイズのイシヅチサンショウウオほどある。

(非常に元気の良い個体だったため発見直後は撮影もままならず、サンショウウオには悪いのだがしばらくキープしてから撮影させてもらった。)

うねうね感を出すために縦構図にしてみたら「3」を描いてた

龍が如く美しいヒダ・ゴールデン。ラーメンの丼に描かれていたとしても、オレンジ色のボールを7個揃えたら現れたとしても、違和感はあるまい。

二次会いっとく?

このポイントではいろいろと記録更新が相次いだわけだが、予想以上に時間が余ってしまった。せっかく来たのだから別のポイントも探索してみることに。ゆっくりと装備を片付け、再び車に乗り込むのだった。

ワンチャンあるか?

ヒダサンショウウオに関する記事はこちら

コメントを残す

関連キーワード
関連する記事